2009年01月21日

【政治】 「若者、結婚が遅い…どんな恋愛してるのか」「日本はなぜ子供産むのが難しいのか」など、小渕大臣が少子化分析チーム立ち上げ

1 ☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★2009/01/21(水) 11:10:25 ID:???0

obuti ・小渕少子化対策担当相は20日、少子化問題について検討を進める作業チームを新たに立ち上げた。
小渕少子化対策担当相は「なぜ、こんなに子どもを育てたりすることに、子どもを産むことに、難しさを感じる国なのだろうという」、「わたしたちが将来のために何ができるのかということを考えていかなければいけない」と述べた。
作業チームは、2009年に見直しを行う「少子化社会対策大綱」の策定に向けて設けられたもので、若者の雇用問題や父親の働き方の見直しなど、現場の意見を聞きながら少子化対策について幅広く議論を進めることにしている。

20日の会見で、委員からは「少子化対策は、ベビー・ニューディールだ。不況対策となる」、「景気後退をチャンスととらえ、父親は残業が減ったら子どもと触れ合ってもらいたい」などの意見が出された。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20090121/20090121-00000904-fnn-pol.html

・新たな少子化対策を検討する内閣府の作業チームは、来月から、若い人たちの恋愛の傾向の分析や、安心して出産できるようにするための支援策の検討を始め、半年後をめどに提言をまとめることになりました。

この作業チームは、小渕少子化担当大臣が、子育て世代の要望を反映した新たな少子化対策を検討するため発足させたもので、経済評論家の勝間和代さんら5人の有識者がメンバーです。
作業チームは、来月、初会合を開き、若い人たちが結婚しなかったり、結婚が遅かったりする背景となっている恋愛の傾向や、結婚しても出産しない理由などを分析したり、安心して出産できるようにするための支援策を検討し、半年後をめどに提言をまとめることにしています。

記者会見した小渕大臣は「従来の政策の枠にとらわれず議論したい」と述べたほか、メンバーの勝間さんは「少子化対策を将来への投資と考え、もっとお金を使うべきだ」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013667881000.html#

※画像:

http://ca.c.yimg.jp/news/1232468263/img.news.yahoo.co.jp/
images/20090121/fnn/20090121-00000904-fnn-pol-thumb-000.jpg

※動画:

http://news.bcst.yahoo.co.jp/news.asx?cid=20090121-
00000904-fnn-pol-movie-001&media=wm300k

15 名無しさん@九周年2009/01/21(水) 11:12:30 ID:8UbhOeut0

>父親は残業が減ったら子どもと触れ合ってもらいたい

小子化問題をはなしているのに、子供がいることを前提に話すのか・・・

続きを読む
posted by にゅーそくプラプラ at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。